転職したいと思う理由

社会人の転職することになった理由の中で、上位に入ってくるものとして残業の多さが挙げられます。毎日が残業続きだと、身体的な負荷が大きくなるだけでなく、仕事と、個人の時間を切り離すことが困難になります。いつもいつも残業だと、働く意欲もなくなりますし、体がいうことをきかなくなり、退職せざるをえなくなることもあります。場合によっては、その日は残業をすることで、締め切りに合わせて作業を進めなければいけないことがあります。残業をして、終わらない仕事を終わらせることは、働く上ではやむをえない部分もあるといえるでしょう。しなければならないことがたまっているのに、労働時間を超過したくないから帰宅するという道理は、社会人には通じません。その反面、過剰な残業時間による拘束は肉体的にも、精神的にも疲労を起こします。人員が足りないけれど、仕事の量は慢性的に多く、結局は毎日残業をしなければ、作業をこなすことができないとあっては、いつかは体を壊してしまいます。毎日残業ばかりという生活に疲れ果てて、もっと休みがとれる仕事につきたいと思う人も大勢いるものです。年俸制や、見なし残業の制度を用いることによって、休日出勤や、残業をしても、給与は全く上がらないようにしているような会社もあります。労働時間と、給料のバランスがとれていないという発想から、転職を志すという人も少なくありません。残業時間も、休日出勤の日数も多いのに、給料は低いままということを、転職の理由にする人は少なくありません。
あわせて読むとおすすめ>>>>>歌うことが好き歌手になりたい